2014年08月09日

再販されないフィギュアの不思議

P8070070.JPG

発売され市場から在庫がなくなり、プレミア価格になっても再販されないフィギュアがあります。

それはなぜでしょう。

・大人の事情(版権許可が下りなくなった)
・初版が売れなかったから
・あえて再販せず飢餓感を演出する

一番多いのは2。次に多いのは3番目でしょう。フィギュアメーカーも商売でやってます。売れるのなら作るのです。

いまプレっていても再販されないものは、昨日のマリーダさんのように発売当時投げ売りされ、2年とか時間をかけてようやくプレミア価格になったものかもしれません。ミネバさまは初版がすぐに売り切れ再販されましたのですから。

ホビー/グッズ販売 通販ショップの駿河屋


posted by ニワカハメ転売ブログ撲滅チーム at 09:48| Comment(0) | 基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月02日

フィギュア転売の基礎知識(2)パイロットセラー



ニワカハメ転売ブログが語らないものにパイロットセラーがあります。

通常、アマゾンの一般セラーはホビーの発売一ヶ月前からしか商品を出品(空売り)できません。

けれど、一部アマゾンに認められたパイロットセラー(PS)と呼ばれるセラーがいます。

彼らは予約開始直後から空売りが可能です。フィギュアの予約が開始して、アマゾン本体で予約できなくなると、定価以上のプレミア価格で彼らは出品してきます。

さいきんはPSの人数も増え価格競争が起きつつありますが、それでも人気の商品は定価の倍値以上で空売りされます。

以前、ニワカハメ転売ブログはこのプレミア価格を指して「転売されてます!」と読者に予約仕入れを推奨していました。一般セラーは再現できないというのに・・・。

⇒1500円以上で送料無料。プロが勧める通販ショップの駿河屋
posted by ニワカハメ転売ブログ撲滅チーム at 22:25| Comment(1) | 基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月31日

ニワカハメに騙されないための基礎知識【フィギュア編】



今回からフィギュアの基礎知識を学びましょう。

まず、メーカーも商売でフィギュアを作っています。決してボランティアではありません。まあ趣味の延長線上的なメーカーさんもあるのは本当ですけれど。

ようは、売れるなら作るんです。

なにより、フィギュアは予約を開始してみないとメーカーにもどれだけ数を作ったらいいかわかりません。そこで

・最低ロット(注文が少なかったらこれだけは作るという目安)
・注文を受けた数(受注生産)

のどちらかで作ります。一般フィギュアのほとんどが後者。予約を開始して2ヶ月間くらいは問屋に集まった数を集計して生産するのです。

さて・・・ニワカハメ転売ブログがフィギュアの予約を開始して「アマゾンランキング1位です!」「前作転売!」と読者に予約購入を煽ります。させます。

どうなるでしょう。

メーカーはその数だけ作っちゃうんです。欲しいひとよりも売りたい(転売したいひと)が多くなります。需要と供給のバランスが崩れるのです。よくあるたとえ話に「石ころとダイヤモンドの差」があります。それは数量です。

ダイヤモンドが石ころみたいにそこらに転がっていたら、その世界では価値があるでしょうか。ありませんよね。

⇒プロが仕入れる最強のネット小売店はこちら

ラベル:フィギュア
posted by ニワカハメ転売ブログ撲滅チーム at 10:40| Comment(0) | 基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする